当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています

待っててよかった!Xperia 1 V国内SIMフリーモデルを買ってよかった5つの理由【開封の儀レビュー】

YouTube動画でも詳しくレビューしています
  • URLをコピーしました!

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

Xperia 1 Vの「SIMフリーモデル」(オープンマーケット版)が、ついに2023年7月14日(金)より発売開始されました!

Xperia 1 Vは、ドコモauソフトバンクから6月より発売されましたが、ソニーストアなどからSIMフリーモデルも1か月後、SIMフリーモデルXperiaとしては、歴代最速での発売となりました(2023/7/14現在)。

キャリア版発売から1か月程度の遅れであれば、Xperia 1 VはSIMフリーモデルを買おう!
と意気込み、発売日にXperia 1 VのSIMフリー限定色「カーキグリーン」が到着。

Xperia 1 Vの特徴自体は、先行レビューやXperia PRO-Iとの比較レビューでもご紹介してますが、やはりSIMフリーモデルを購入してよかったと思っています。

今回は、Xperia 1 Vの「SIMフリーモデル」を購入してよかった!と感じた5つの理由をご紹介していきましょう。

\カメラ・オーディオならXperia 1 V!!購入は/
あわせて読みたい
SIMフリーモデルのXperia 1 V、ソニーストアで購入すべき理由!お得な買い方は? Xperia 1 Vの「SIMフリーモデル」(オープンマーケット版)が2023年5月23日(火)朝10時より予約販売開始されています。 Xperia 1 Vは、ドコモ・auとソフトバンクから6月16...
目次

Xperia 1 Vは「SIMフリーモデル」を待っててよかった!と感じる、5つの仕様の違い

では、Xperia 1 Vのキャリア版と「SIMフリーモデル」の仕様・特徴の違いをご紹介していきましょう。

SIMフリー限定の特別色「カーキグリーン」の色気がすごすぎる!

Xperia 1 Vは、ブラック・プラチナシルバーに加え、今モデルで初登場のカーキグリーンの3色がラインナップされています。
このカーキグリーンは、「SIMフリーモデル」限定カラーともなっており、予約でも非常に人気を博しています。

先行体験会でもカーキグリーンがすごい色気なのもあり、購入を楽しみにしていました。
開封していきます。

見てください。シックでダークなグリーンの感じ。たまらないですよね。

暗い場所ではブラックに近い気もしますが、日なたでは明るめにも感じます。
周りの色の環境によって、こうも色を変えてくれるのが素敵すぎます。

Xperia 1 Vの背面は、グリップもしやすいつぶつぶが連なっています。
側面もスリッドが施されており、高級感と機能性を両立しています。

細長い筐体は好みがわかれるところではありますが、個人的には持ちやすくて非常に好きです。

純正ケースの「Style Cover with Stand for Xperia 1 V」もカーキグリーンを選んでみました。
今回の純正ケースは、かなり本体カバーにも似た色使い、そして表面処理のつぶつぶ感もそっくりで、まるでケースをつけていないかのようです。
(実際には、ケースの厚みはあるので、肌触りの観点で…)

純正ケースのスタンドも少し変わり、縦画面での利用もできるようになりました。
横でも縦でも、使いたいときにスタンドを立てて使えます。

このスタンド部は少し盛り上がっていて、カメラ利用時のグリップにもなるのが最高です。

あわせて読みたい
SIMフリーモデルのXperia 1 V、ソニーストアで購入すべき理由!お得な買い方は? Xperia 1 Vの「SIMフリーモデル」(オープンマーケット版)が2023年5月23日(火)朝10時より予約販売開始されています。 Xperia 1 Vは、ドコモ・auとソフトバンクから6月16...

「撮影持続モード」の安心感が半端ない!ライブ配信も余裕!

カメラアプリのPhoto Proや、動画撮影アプリのVideo Proでは、Bluetoothシューティンググリップの接続で高温時でも長時間撮影可能な「撮影持続モード」が搭載されています。

今回も、Bluetoothシューティンググリップの接続後に、「撮影持続モード」をONにできます。
この撮影持続モード、ドコモ・au版には搭載されておらず、「SIMフリーモデル」とソフトバンク版のみに搭載されています。

Xperia 1 Vは、Snapdragon 8 Gen 2搭載や熱機構の改善で、だいぶ動作が安定しています。
先行レビューでも紹介した通り、「撮影持続モード」がなくても、4K 30fpsの撮影であれば4時間を超える録画も楽しめます。

ただ、ライブ配信では、撮影持続モードなしの場合、17分程度で高温によるfps制限、1時間弱で配信終了となります。
fps制限によってコマ送りのような絵になってしまうので、ライブ配信を外でも楽しむなら、あと一歩ほしいところ。

「撮影持続モード」ありであればどうなるか?簡単にテストしてみました。

結果としては、
・17分20秒ごろに高温注意マーク出現。ただし、機能制限なし
・2時間34分40秒ごろに、USB外部出力の制限
ということはありましたが、3時間近く配信が強制終了されることはなく、ずっと映像が送出され続けました。
また、高温注意マークのあとも、機能制限されることなく、なめらかな映像を配信し続けることができました。

▼生配信テスト開始2時間20分後の様子(再生ボタンで該当シーンから再生されます)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次