当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています

ROG Strix G16 G614JVR (2024) 先行レビュー!! 最新高性能ゲーミングノートPCの魅力!動画クリエイターにも強い味方!

YouTube動画でもレビューしています
  • URLをコピーしました!

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

ASUS ROGの2024年高性能ゲーミングノートPC「ROG Strix」シリーズが2024年1月24日に、国内発表・発売されました!

その中で、今回はROG Strix G16 G614JVRをレビューする機会を得ましたので、メーカー様よりお借りして実機レビューを行います。

最新のROG Strix SCAR・ROG Strix Gシリーズの多くのモデルにIntel Core i9-14900HXを搭載、グラフィックもGeForceの強力性能で、非常に快適に利用できます。
今回お借りしたのは、ROG Strix G16の最も安いモデルですが、これでもかなりのパフォーマンスに驚きました。動画編集・画像編集などのクリエイター用途でも快適だと思います。

ROG Zephyrus・FlowやROG Strix SCAR・TUF Gamingシリーズとの違いや選び方についても、解説していきます。

商品貸出:ASUS JAPAN株式会社

あわせて読みたい
ASUS厳選ゲーミングノートPC製品ラインアップ | ASUS Store ROGシリーズをはじめ、ゲーミングに最適なノートPCをピックアップ。カジュアルゲーマーからプロゲーマーまで、様々なゲーマーに向けてゲーミングPCをラインアップ。
目次

発表された2024年ROG Strixシリーズ、どれを選べばいい?スペック比較

2024年1月24日に国内発表されたのは、ROGシリーズのうちROG Strix SCAR・ROG Strix Gと、ASUS TUF Gamingシリーズとなります。

簡単に、シリーズごとの違いや選び方を解説していきます。

ROG Strix・Zephyrus・Flowの違いと選び方

今回発表されたROG PCは、「ROG Strix」シリーズです。

ROG Strix

ROG Strixシリーズは、「妥協できない高性能」がキーワードです。
E-Sportsなどのシーンにおいて妥協できない、非常に高性能なスペックのPCとなっています。

冷却性能などもかなりしっかりしている分、分厚く重いのも特徴です。
据え置きメインでたまに持ち運ぶような用途が適しています。

ROG Zephyrus

ROG Zephyrusシリーズは、コンパクトと高性能を併せ持つゲーミングPCです。
ある程度持ち歩きを考慮しつつ、高性能も妥協しない、シリーズの中では真ん中に位置するモデルとなっています。

外でもがっつりゲーム・作業したい方には、Zephyrusシリーズが最適でしょう。

ROG Flow

ROG Flowシリーズは、薄型軽量を追求したゲーミングPCシリーズです。
タブレット2in1タイプのROG Flow Z13と、クラムシェル型のROG Flow X13/X16がラインナップされています。

ROG Flowシリーズの特徴は、PC内にもグラフィックが積まれていますが、外付けGPUの「XG mobile」にも対応している点です。
別売りのXG mobileを購入し接続することで、グラフィック性能が大きく向上し妥協ないゲームが可能。

外では持ち歩きを重視しつつ、家や仕事場では妥協のない性能でゲーム・作業をしたい、という方にはROG Flowがおススメです。非常に理想的。

2024年モデルのROG Strix SCAR・ROG Strix G16/G18

2024年モデルのROG Strixシリーズを簡単にまとめていきます。

ROG Strix G16 G614/ROG Strix G18 G814

ROG Strix G16 G614
ROG Strix G18 G814

ROG Strix G16 G614・ROG Strix G18 G814は、すべて2024年1月24日(水)より発売されます。

モデルROG Strix G18 G814ROG Strix G16 G614
型番G814JIR-
I94R4070
G814JVR-
I94R4060
G614JZR-
R94R4080
G614JIR-
I94R4070
G614JVR-
I94R4060
CPUCore i9-14900HX
メインメモリDDR5-5600
標準32GB/最大32GB
DDR5-5600
標準32GB/最大64GB
DDR5-5600
標準32GB/最大32GB
SSD1TB(PCI Express 4.0 x4 接続 NVMe/M.2)
GPUGeForce
RTX4070
GeForce
RTX4060
GeForce
RTX4080
GeForce
RTX4070
GeForce
RTX4060
ビデオメモリGDDR6 8GBGDDR6 12GBGDDR6 8GB
画面18.0インチ ワイドTFT カラー液晶
ノングレア 2560×1600(240Hz)
16.0インチ ワイドTFT カラー液晶
ノングレア 2560×1600(240Hz)
カメラフロントカメラ92万画素
大きさ399×294×23.1~31.1mm
約3.0kg
354x264x22.6~31mm
約2.5kg
電源Φ6.0/280W
バッテリー駆動時間11.8h
Φ6.0/330W
駆動時間8.9h
Φ6.0/280W
バッテリー駆動時間11.6h
LANポート最大1000BASE-T対応最大2.5GBASE-T対応最大1000BASE-T対応
ポートThunderbolt 4(Type-C)x1,USB 3.2(Type-C/Gen2)x1, USB 3.2 Type-A(Gen2) x2, RJ45x1
HDMI x1、マイク・ヘッドホンコンボジャックx1
付属品ACアダプター、製品マニュアル、製品保証書
価格(税込)329,800円299,800円359,800円309,800円279,800円

価格は、今回レビューするROG Strix G16 G614JVRが税込279,800円からと、妥協ないスペックながら比較的買いやすい価格帯であることがポイントです。

サイズアップ(16型→18型)は+2万円、GPUスペックアップ(RTX4060→RTX4070)は+3万円、と考えると、わかりやすいかもしれません。
GPUがGeForce RTX4080のモデルは16インチモデルのみ用意され、18インチモデルはROG Strix SCAR 18の方でラインナップされています。

ROG Strix SCAR 16 G634/ROG Strix SCAR 18 G834/ROG Strix SCAR 17 X3D

ROG Strix SCAR 18 G834
ROG Strix SCAR 16 G634

最上位モデルの「ROG Strix SCAR」シリーズは、3機種5モデルが用意されています。

モデルROG Strix SCAR 18 G834ROG Strix SCAR 16 G634ROG Strix SCAR 17 X3D G733PYV
型番G834JYR-
I94R4090
G834JZR-
I94R4080
G634JYR-
R94R4090
G634JYR-
I94R409032G
G733PYV-R9R4090
CPUCore i9-14900HXRyzen 9 7945HX3D
メインメモリDDR5-5200
標準64GB/最大64GB
DDR5-5600
標準32GB/最大64GB
DDR5-4800
標準32GB/最大64GB
SSD2TB RAID0(1TBx2)
(PCI Express 4.0 x4 接続 NVMe/M.2)
1TB(PCI Express 4.0 x4 接続 NVMe/M.2)
GPUGeForce RTX4090GeForce RTX4080GeForce RTX4090
ビデオメモリGDDR6 16GBGDDR6 12GBGDDR6 16GB
画面18.0インチ ワイドTFT カラー液晶 mini LED
ノングレア 2560×1600(240Hz)
16.0インチ ワイドTFT カラー液晶 mini LED
ノングレア 2560×1600(240Hz)
17.3インチワイドTFT カラー液晶
ノングレア 2560×1440(240Hz)
カメラフロントカメラ92万画素
大きさ399×294×23.1~31.1mm
約3.1kg
354x264x22.6~31mm
約2.65kg
395x282x23.4~28.3mm
約3.0kg
電源Φ6.0/330W
LANポート最大2.5GBASE-T対応
ポートThunderbolt 4(Type-C)x1,USB 3.2(Type-C/Gen2)x1, USB 3.2 Type-A(Gen2) x2, RJ45x1
HDMI x1、マイク・ヘッドホンコンボジャックx1
付属品ACアダプター、製品マニュアル、製品保証書
価格(税込)609,800円
(1/24発売)
529,800円
(1/24発売)
569,800円
(1/24発売)
539,800円
(2/2発売)
499,800円
(3月下旬発売)

モデルによって若干発売開始時期は変わりますが、最速で2024年1月24日より順次発売されます。

ROG Strix Gシリーズと採用されているCPUや大きさは同じ。違いとしては、

  • GPU(RTX4080が1モデルあるが、それ以外はすべてRTX4090)
  • SSDはRAID 0モデルあり
  • 画面はNebula HDR Display対応
  • LANポートは全モデル2.5GBASE-T対応
  • 背面・天板パネルのROGロゴにもイルミネーションあり

と、特に性能面ではGPU・ディスプレイが強化され、価格も50万円~60万円程度と、高めです。

一切妥協のないスペックを求める方は、ROG Strix SCARシリーズを購入するといいでしょう。

ASUS TUF Gamingシリーズ

ASUS TUF Gaming A16 FA617
ASUS TUF Gaming F16 FX617
モデルASUS TUF Gaming A16 FA607ASUS TUF Gaming F16 FX607ASUS TUF Gaming A15 GA507UV/FA506NC
型番FA607PI-
R98R4070S
FA607PV-
R98R4060S
FX607JV-
I7R4060S
FA507UV-
R9R4060S
FA506NC-
R5R3050S
CPURyzen 9 7845HXCore i7-13650HXRyzen 9 8945HXRyzen 5 7535HS
メインメモリDDR5-5200
標準32GB/最大32GB DDR5-5600
標準32GB/最大64GB
DDR5-4800
標準32GB/最大32GB
DDR5-5600
標準16GB/最大32GB
DDR5-4800
標準16GB/最大32GB
SSD1TB(PCI Express 4.0 x4 接続 NVMe/M.2)512GB(PCI Express 4.0 x4 接続 NVMe/M.2)
GPUGeForce RTX4070GeForce RTX4060GeForce RTX3050
ビデオメモリGDDR6 8GBGDDR6 4GB
画面16.0インチ ワイドTFT
カラー液晶 ノングレア 2560×1600(165Hz)
16.0インチ ワイドTFT
カラー液晶 ノングレア 1920×1200(165Hz)
15.6インチ ワイドTFT カラー液晶
ノングレア 1920×1080(144Hz)
カメラフロントカメラ92万画素
大きさ399×294×23.1~31.1mm
約2.27kg
354x264x22.6~31mm,
約2.27kg
354.9×251.9×22.45~24.95mm
約2.2kg
359x256x22.8~24.5mm
約2.3kg
電源Φ6.0/280WΦ6.0/240WΦ6.0/180W
LANポート最大1000BASE-T対応
ポートUSB 3.2(Type-C/Gen2)x2, USB 3.2 Type-A(Gen2) x2Thunderbolt 4(Type-C)x1, USB 3.2(Type-C/Gen2)x1, USB 3.2 Type-A(Gen2) x2USB4(Type-C)x1, USB 3.2(Type-C/Gen2)x1, USB 3.2 Type-A(Gen2) x1USB 3.2(Type-C/Gen2)x1, USB 3.2 Type-A(Gen2) x3
RJ45x1,HDMI x1、マイク・ヘッドホンコンボジャックx1
付属品ACアダプター、製品マニュアル、製品保証書
価格(税込)244,800円209,800円199,800円189,800円129,800円

TUF Gamingシリーズは、ROG Strixよりは購入しやすいエントリーゲーミングPCとなっています。
サイズはあまり変わらないものの、タフで快適なゲームパフォーマンスを実現しています。

ROG Strix G16/18より安い価格帯で、まず使ってみたい、という方にはTUF Gamingシリーズがおススメです。

ROG ZephyrusシリーズやAI搭載PC・NEW GPUは「近日公開」

ASUS STORE公式ページには、同じくCES2024で発表された「New Zephyrus」シリーズに関しては「近日公開」となっています。
AI搭載PC・NEW GPUとともに、追って発表されるものと思われます。

ROG 2024年モデルページより
あわせて読みたい
ASUS厳選ゲーミングノートPC製品ラインアップ | ASUS Store ROGシリーズをはじめ、ゲーミングに最適なノートPCをピックアップ。カジュアルゲーマーからプロゲーマーまで、様々なゲーマーに向けてゲーミングPCをラインアップ。

ROG Strix G16 G614JVRを実機レビュー!

それでは、2024年版のROG Strix G16 G614JVRを実機レビューしていきましょう。

開封時から、そそられるギミック!

筆者とROG Strixの外箱の大きさ比較。縦長だけど、なかなか大きい

ROG Strixシリーズは、実は筆者自身使うのが初めてなのですが、非常にそそられますね。
外箱は縦長で、裏面には漫画も描かれています。

中を取り出すと、本体がお目見えします。
本体を取り出す際には、手前側の赤い面を手前に倒すと、すこし上に傾きながら出てきます。

めっちゃかっこいいギミックですよね!個人的にはかなり好きです。
PCを取り出すと、下の段にはACアダプターや説明書・保証書等が入っています。

七色に彩る印象的なイルミネーション!

ROG Strix G16を起動してみると、七色に彩られるイルミネーションの演出がきれいです!

キーボードが鮮やかに輝くと同時に、手前側のエッジがテーブルに間接照明のようにきれいに光っています。

▼実際に起動時のエフェクトを撮影しています(起動時のシーンから再生されます)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次