当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています

UQ mobileとY!mobile、料金プランを徹底比較!どれがおトク?家族で使うならUQ!ひとりでもUQ「コミコミプラン」が最強!?

  • URLをコピーしました!

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

スマホの通信をより安く、快適に使うには、キャリアのサブブランドであるUQ mobile・Y!mobileがカギです!

メインブランドのauやソフトバンクと速度や快適さはあまり変わらず、しかし安く使えるのでおサイフにも優しいですね!
家族で使う方や光回線とセットで使う方にもお得な割引も充実しています。

「UQ mobileとY!mobileは、似たようなプランじゃない?」とも思う方も多いかもしれません。

いえ、結構違います。

今回は、UQモバイルとワイモバイルの現行プランで、どちらのほうがおススメか、ケース別に解説していきます。

最新情報

[2023/11/27更新]2023年12月1日より、UQ mobileの2024年度の「UQ親子応援割」が受付開始されます。

今回のUQ親子応援割は、UQ mobileの強みでもあるahamo対抗の「コミコミプラン」を1,320円割引+10GB増量します。

あわせて読みたい
2024年のUQ親子応援割は、ahamo対抗のコミコミプランが割引に!最強の学割かも 2023年12月1日より、UQ mobileの2024年度の「UQ親子応援割」が受付開始されます。 今回のUQ親子応援割は、UQ mobileの強みでもあるahamo対抗の「コミコミプラン」を1,32...
目次

UQ mobileとY!mobileの、料金プラン・サービスの違い

では、まずはUQ mobileとY!mobileの、料金プラン・サービスの違いを見ていきましょう。

UQ mobileの料金プラン【コミコミプラン・トクトクプラン・ミニミニプラン】

UQ mobileは、3種類の料金プランが用意されています。

  • 4GBのデータ通信が可能な「ミニミニプラン」
  • 15GBのデータ通信が可能、1GB以下だと1,188円の割引になる「トクトクプラン」
  • 20GBのデータ通信+1回10分までの通話が何度でも無料な「コミコミプラン」

3種類それぞれでプランの特色が異なるのが特徴的ですよね。

ミニミニプラン(4GB)・トクトクプラン(最大15GB)は、自宅セット割・au PAYカードお支払い割といった割引を駆使することにより、最大1,287円の割引を受けられます。
家族で使う方や、自宅に光回線がある方は、この2つのプランがおススメです。

一方、コミコミプランは、NTTドコモのahamoと同様、割引は一切ありません。
しかし、20GBと10分定額の組み合わせでお得に使えること、これをUQ mobileとして提供することは、なかなかの魅力です。

※なお、2024年度学割(2023/12/1受付開始)のUQ親子応援割では、5~18歳の子どもと家族を対象に、
「コミコミプラン」を1年間1,320円割引+5~18歳の子どもは10GB増量(合計30GB)で利用可能です!

あわせて読みたい
2024年のUQ親子応援割は、ahamo対抗のコミコミプランが割引に!最強の学割かも 2023年12月1日より、UQ mobileの2024年度の「UQ親子応援割」が受付開始されます。 今回のUQ親子応援割は、UQ mobileの強みでもあるahamo対抗の「コミコミプラン」を1,32...

Y!mobileの料金プラン【シンプル2 S/M/L】

Y!mobileも、3種類というのは同様ですが、UQ mobileとはすこし異なります。

  • シンプル2 S:4GBのデータ通信が利用可能
  • シンプル2 M/L:20GB(M)/30GB(L)のデータ通信が利用可能。月1GB以下の場合、割引後最安1,078円で維持できる

S・MはUQ mobileのミニミニプラン・トクトクプランと同様ですが、シンプル2 LはMのデータ増量版となっています。

個人的にはY!mobileでUQ mobileのコミコミプランのようなプランがあれば面白かったな…とも思います。

※なお、2024年度学割(2023/12/1受付開始)のワイモバ親子割では、5~18歳の子どもと家族を対象に、
「シンプル2 M/L」を1年間1,100円割引で利用可能です!
(1GBまでの1段階目は親子割適用対象外、2018年12月以降の学割を適用したことがある回線は対象外)

UQ mobileとY!mobileのサービスの違い

UQ mobileとY!mobileのサービスの違いをまとめてみましょう。

項目UQ mobileY!mobile
会社KDDIソフトバンク
データ通信
超過時の制限
1Mbps
(4GBプランは300kbps)
さらなる制限はなし
1Mbps
(4GBプランは300kbps)
超過後さらに規定容量の半分を
超えると128kbpsに制限
節約モード4GBプランのみ◎×
データの繰り越し翌月繰り越しOK翌月繰り越しOK
データシェア×◎(子回線は通話不可)
家族割のカウント対象UQ・auあわせて10回線まで
(割引適用はUQのみ)
Y!mobileのみ10回線まで
(割引適用は2回線目以降の9回線まで)
無料通話10分/回 or 月60分 or 完全通話定額
(コミコミプランは10分/回自動付帯)
10分/回 or 完全通話定額
60歳以上の無料通話ミニミニ(4GB)・トクトク(15GB)で
完全通話定額に880円/月で加入可能
完全通話定額に880円/月で加入可能
留守番電話有料(月440円)
通話定額加入で無料利用可能
無料
留守番電話プラス・ボイスメッセージは
有料(月330円)
通話定額加入で無料利用可能
メールアドレス有料(月220円)
※60歳以上は無料
無料
プレミアム会員auスマートパスプレミアム(月548円)
※30日無料
LYPプレミアム 自動付帯
(11/29まではYahoo!プレミアム)

UQ mobileのメリットは、

  • 速度超過後の2段階目の低速化がないこと
    例えば、コミコミプラン20GBを使い切ったら1Mbpsに制限されますが、それ以上の制限は基本的にありません
    Y!mobileのシンプル2 Mは20GBをつかったら1Mbpsに制限、さらに10GB使うと128kbpsに制限されます。
  • 家族セット割のカウント対象はau・UQ mobileを合算できる
    auとUQ mobileは同じ家族グループにできるので、回線カウントが可能です。
    ただし、au回線はauの家族割プラス、UQ mobile回線は家族セット割の割引額が適用されます。
    Y!mobileの家族割引サービスは、ソフトバンク回線の回線数はカウントされません。
  • (ミニミニプランのみ)節約モードを利用可能
    高速通信せずに節約したいときに、my UQアプリからスイッチで節約モードへ切替可能です。
    節約モード中はデータ量が消費されません。
  • 無料通話分で「月60分の無料通話」(550円/月)のオプションを選べる
    電話の回数は多くないけど、1回当たりの通話時間は10分を超えてしまう…という方におすすめなのが、「通話パック(60分/月)」です。

一方、UQ mobileのデメリットは(Y!mobileのメリット)、

  • UQ mobileにはデータシェアが用意されていない
    サブ回線にPCやiPadを使っている方は、Y!mobileではデータ専用のサブ回線を契約することで539円/月で3回線まで契約ができます。
  • Y!mobileは「LYPプレミアム」が自動付帯
    Y!mobileは、LINEスタンプやYahoo!のプレミアム機能が使える「LYPプレミアム」が自動付帯されています。
    UQ mobileは、auスマートパスプレミアムに入ることはできますが、月額有料です。

そのほか、Y!mobileはメールアドレスが無料で使えるほか、留守番電話も無料で使えます(留守番電話に残っているメッセージを聴く際には、別途通話料がかかる点に注意)。

UQ mobileとY!mobileを見比べると、1回線の電話・データ通信をしっかり使いたい、という方には、UQ mobileはなかなかいいサービスだと思います。

【ケース別】UQ mobileとY!mobile、どっちがおススメ?

では、UQ mobileとY!mobileの料金としてどちらのほうがおススメでしょうか?ケース別に比較していきましょう。

※この記事では、学割キャンペーンは加味していません。

あわせて読みたい
2024年のUQ親子応援割は、ahamo対抗のコミコミプランが割引に!最強の学割かも 2023年12月1日より、UQ mobileの2024年度の「UQ親子応援割」が受付開始されます。 今回のUQ親子応援割は、UQ mobileの強みでもあるahamo対抗の「コミコミプラン」を1,32...

【ひとりで使うなら】UQ mobile「コミコミプラン」が最もバランスよし!

ひとりで使う場合、光セット割や家族割の設定自体のないUQ mobileの「コミコミプラン」が魅力的です。

【一人利用前提】
割引適用なし
UQ「ミニミニプラン」
Y!「シンプル2 S」
UQ「コミコミプラン」
契約データ量4GB20GB+音声定額(10分/回)
通話定額不要2,365円3,278円
10分通話定額必要3,245円3,278円
完全通話定額必要4,345円4,378円
光セット割・家族割なしの場合

通話は全然しない!という方は、4GBプランのUQ mobile「ミニミニプラン」Y!mobile「シンプル2 S」がお得になります。
ただし、データ量4GBでは足りない方は、UQ mobile「コミコミプラン」のほうがお得です。

通話定額が必要な方は、UQ mobile「コミコミプラン」が圧倒的にお得です。
ahamo対抗で、割引をしない前提で定価を安く設定しているため、光回線を利用していない方でもお得に利用できます。

【ひとり/家族】光回線もセットで使うとき

では、光回線もセットで使うと、どうでしょうか。

UQ mobile・Y!mobileともに光回線とセットで利用すると、最も割引が効くようになっています。
光回線をセットで使う場合には、ひとり利用・家族利用とも同額です。

光セット割適用時UQ「ミニミニプラン」
Y!「シンプル2 S」
UQ
「コミコミプラン」
UQ
「トクトクプラン」
Y!
「シンプル2 M」
契約データ量4GB20GB
+音声定額(10分/回)
15GB20GB
通話定額不要1,265円3,278円2,365円2,365円
10分通話定額必要2,145円3,278円3,245円3,245円
完全通話定額必要3,245円4,378円4,345円4,365円
光セット割あり、カード支払い割なしの場合

利用するデータ量がどの程度か、通話定額がいるかどうかによりますが、

  • 通話定額がいらなければ、少ないデータ量でよければUQ「ミニミニプラン」・Y!「シンプル2 S」の4GBプラン、多めがよければ同額でもデータ量の多いY!mobileの「シンプル2 M」
  • 通話定額が必要な場合には、UQ mobile「コミコミプラン」とY!mobile「シンプル2 M」が同じ20GBでほぼ同額

となります。

UQ mobileで4GBでは足りない!という方は、通話定額不要なら「トクトクプラン」、通話定額が必要なら「コミコミプラン」を選ぶべきです。

UQ mobileの「トクトクプラン」とY!mobile「シンプル2 M」は、価格は同額ですが、Y!mobileのほうが5GB分容量が多く、魅力的に感じます。

【家族】光回線はいらないけど、家族で使いたいとき

家族セットで使いたいときには、どうでしょうか?

UQ mobileの家族セット割の強みは、「au回線とカウントを合わせられる」点です。

UQ mobileとauは同じ家族グループ内に登録でき、回線カウント対象となります。
家族内にauとUQ mobileが共存しても家族割の恩恵を受けられます。
なお、同一住所でなくても(離れて暮らしていても)申し込めるキャンペーンを期限未定で実施しています。

割引額は、UQ mobile回線はUQ mobileの家族セット割の割引額である【▲550円/月】となります。
(au回線側は、auの「家族割プラス」の割引額(家族3人以上の加入で最大1,100円/月)が適用されます)

なお、Y!mobileの場合は、家族割引サービスのグループにソフトバンク回線を入れることができません。
また、Y!mobileの家族割引サービスは、主回線(1回線目)は割引が適用されず、2回線目以降が1回線につき1,100円/月の割引となります。

光回線が必要ない方が家族で利用したい場合には、UQ mobileのほうがわかりやすく使いやすいです。

では、割引適用後の価格をチェックしてみましょう。

家族割適用時UQ
「ミニミニプラン」
Y!
「シンプル2 S」
UQ
「コミコミプラン」
UQ
「トクトクプラン」
Y!
「シンプル2 M」
契約データ量4GB4GB20GB
+音声定額(10分/回)
15GB20GB
通話定額不要1,760円[1人目]
2,365円
[2人目~]
1,265円
3,278円2,915円[1人目]
4,015円
[2人目~]
2,915円
10分通話定額必要2,640円[1人目]
3,245円
[2人目~]
2,145円
3,278円3,795円[1人目]
4,895円
[2人目~]
3,795円
完全通話定額必要3,740円[1人目]
4,345円
[2人目~]
3,245円
4,378円4,895円[1人目]
5,995円
[2人目~]
4,895円
家族セット割・家族割引サービスあり、カード支払い割なしの場合

Y!mobileのほうが家族割引サービスの割引額自体は大きいのですが、もともと定価が高めに設定されているのと主回線に適用できないため、家族全体で見るとちょっと高めに見えます。
とくに、15GB・20GB程度の利用をする場合には、Y!mobileはかなり割高感があります。

UQ mobileであれば、au回線を家族セット割のカウントにできるため、UQ mobile回線としては1回線でも上記の価格で利用することも可能です。

4GBで十分な方は、UQ mobileのミニミニプランを。
4GB以上必要な方は、UQ mobileの「コミコミプラン」がおススメです。
コミコミプランとトクトクプランの価格差があまりないので、コミコミプランのほうが10分音声定額もついている分お得に使えそうです。

ひとりでも、家族でも、UQ mobileならお得に使える!光セットならY!mobileも!

2023年6月にUQ mobileの、10月にY!mobileの料金改定があり、プランが大きく変わりました。

UQ mobileは、ahamoにも対抗できる「コミコミプラン」が強烈なパワーを発揮している印象です。ひとりでも、光回線なしで安く使えるのは素晴らしいです。

また、家族で利用する際にも、UQ mobileとauを家族グループとしてまとめることができ、無制限に使いたければau、ライトに使いたければUQ mobileとより簡単にすみ分けられるのは非常に印象的です。

一方、光回線をセットで使いたい場合には、20GBプランはY!mobileのほうがお得感はあります。
家族全員ワイモバイルで収まるようなケースでは、Y!mobileを検討するのもありかもしれません。

両者を比較すると、UQ mobileは今回の料金プランではなかなか光っているような印象です。
ぜひ、じっくり検討してみてくださいね!

あわせて読みたい
【4月版】Y!mobileの一括1円~格安な機種まとめ!AQUOS wish3が割引増額で半額に!一括1円端末増加中!MN... こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。 できる限り安く使いたい!という方や、小さいiPhoneを使い続けたい、という方に朗報です!!!Y!mobileの格安機種をまとめてみました。...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次