当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています

イヤーカフ型完全ワイヤレスイヤホン「HUAWEI FreeClip」一般発売決定!1か月使って感じたポイント

  • URLをコピーしました!

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

クラウドファンディングで先行発売されていた、ファーウェイの「HUAWEI FreeClip」が一般発売決定されました!
2/2(金)より予約受付開始、2/20より一般発売が開始されます。

私MATTUも、先行レビューを一度お届けしております。
簡単に装着できて、オープンイヤー型としては結構いい音で耳の負担も少ないので、かなり便利に感じます。

今回は、一般販売開始を記念した発表会に伺ったので、発表会の模様をお届けするとともに、1か月使って感じたポイントを長期レビューとしてお届けしていきます。

お知らせ

3月20日まで使えるクーポンを頂きました!HUAWEI公式サイトで購入すると、1,500円引きとなります!

・クーポンコード: Aclip0320
・割引額    :1,500円OFF
・対象製品   :HUAWEI公式サイトでHUAWEI FreeClipを購入頂く際に利用可能
・有効期間   :2月2日~3月20日まで有効

お知らせ

2/16(金)夜10時より、YouTube Live生放送
Bose Ultra Open Earbuds・HUAWEI FreeClipや、スマートグラスのHUAWEI Eyewear 2・Ray-Ban Metaスマートグラスなどオープンイヤー型イヤホンの横断比較を行います!

YouTube Liveはこちらから

商品提供:ファーウェイ・ジャパン

あわせて読みたい
【先行レビュー】Bose Ultra Open Earbuds、使って感じたメリット・デメリットをHUAWEI FreeClipと比較... Boseイヤホンの空間オーディオの魅力に惹かれて約半年。Boseが新しく、オープンイヤー型のイヤホンを発表・発売します。 Bose Ultra Open Earbudsです。 Boseのノイズキ...
目次

HUAWEI FreeClip、ながら作業でもめちゃくちゃ快適!

HUAWEI FreeClipは、ながら作業でも耳が蒸れず、非常に使いやすい印象です。

つけやすく、取れにくい不思議なイヤホン

HUAWEI FreeClipは、つけやすく取れにくい不思議なイヤホンです。

私は最近HUAWEI Eyewear 2の代わりに、ほかのメガネとHUAWEI FreeClipの組み合わせでつけていることが多いです。
不思議なことに、取れにくいんですよね。取れそうなヒヤッと感はあるのですが、取れないんです。

マフラーとつけているときには注意

注意なのが、マフラーをしているとき。
マフラーを外したりする際に、イヤホンに当たると取れます。
外から触られるとさすがに取れるのですが、触れない限りは取れないのが、かなり不思議な感覚です。

マフラーの着脱の際に、耳にマフラーが接近していると、取れることがあるので、冬場にマフラーをする方は注意

締め付けられるような感覚は、ほかのイヤホンに比べれば少ないですが、ないわけではないです。
耳の中がかゆくなると、耳を少し触る動作をする方も多いでしょう。
この耳を触る動作で、触る場所によっては取れる場合はあるのでご注意。

でも、歩いているときに聴いていても、全然取れません。
1か月使って、一番うれしかったのはイヤホンが取れないことかもしれません。

カラーはブラックとパープル。デザイン性も素敵

HUAWEI FreeClipのカラーは、ブラックとパープルです。
先行してご提供いただいていた際にはブラックを使っていましたが、パープルも実機を見ることができました。

パープルは結構シルバーチックな光沢感のある紫で、ポップでかわいい印象を受けます。
ゴリゴリの紫というよりは、ライトな印象をより受けます。
直線は利用されず曲線のみで構成されるデザインは、ファーウェイっぽさを感じます。

MATTU(男性)がつけた場合
発表会にて、モデルの女性がつけた場合

パープルを耳につけてみるとこんな感じ。
ブラックとは少し印象変わりますよね!

日常的にはブラックを使っておりますが、妻には、案外「ガジェット感出ていて、ヲタクっぽさを感じる」とよく言われます。
曲線で構成される、C-bridgeデザインなのが、未来感を感じさせるのでしょうか。
片耳だけだと、程よいピアスっぽくて片耳のみのほうがいいといわれます。

発表会にて着用して撮影

音質・マイク品質も良好!音漏れ気にせず使える!

HUAWEI FreeClipの音質は、なかなかいいです。
これは先行レビュー記事・動画でもご紹介しましたが、低音域はカナル型と比べると少し弱めなものの、非常にクリアで鮮明な音を楽しむことができます。

マイク品質も、通話やオンライン会議などに適した「自分の声を的確に伝えられる」ノイズカット性能を誇っています。
通話・会議の多い方は、HUAWEI FreeClipはなかなかいいです。

一般的なオープンイヤー型のデメリットとしては、「音漏れ懸念」という点でしょうか。
なんか周りの人に聴かれている・迷惑をかけているのではないか、というドキドキ感があります。

▼音漏れを検証しています(部屋内は静寂です)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次