当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています

【2024年こそある?】AmazonでMicrosoft 365 Personalが最安実質6,000円台!?オンラインコード版をMicrosoftアカウントに登録する方法

  • URLをコピーしました!

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

毎年12月、Microsoft 365 PersonalMicrosoft 365 Familyを購入後、キャッシュバックキャンペーンに応募で最大3,500円キャッシュバックされるキャンペーンが開催されています。
2022年12月のキャンペーンでは、キャッシュバック後の実質価格は最安6,437円と、通常より5,000円程度安く販売されていました。
非常にお得!

PowerPointやExcelなどのOfficeユーザーはもちろん、クラウドを使っている人も絶対買っておいたほうがいいでしょう。

最新情報

[2024/4/7更新]2024年のMicrosoft 365 Personalのキャッシュバックキャンペーンは、今のところ発表されていません。キャンペーン発表・開始されたらご紹介します。

Microsoft 365 Personalは現在12,963円で購入できます。

さらに、5%オフクーポンAmazonビジネス会員登録した対象者10%オフはダブルで適用可能です。
(Amazonビジネスに登録した個人用アカウントの方でも適用可能)

4/30(火)まで、2つ以上同時購入でさらに5%OFFで購入可能です!

目次

Microsoft 365 Personalが安い!最安で実質6,437円のワケ

最新情報

[2024/4/7更新]Amazonでの価格情報は、以下の通り。

項目価格
Microsoft 365 Personal(最新1年版)オンラインコード版12,963円
(期間限定)
Amazon割引コード
・更新のお客様限定5%OFF
Amazonビジネス会員登録者限定10%OFF

▲648円
▲1,296円
支払価格11,119円

なお、4/30(火)まで、2つ以上同時購入でさらに5%OFFで購入可能です!
2つ購入で20,741円で購入可能です!(1つあたり、定価から4,159円の値下げ)

2023年6月に一度Microsoft 365 Personalの定価が値上がりし、年14,900円となっています。

ただし、下記のように毎年12月にキャッシュバックキャンペーンが行われるのが通例ですが、2023年・2024年は発表されていません。2024年中にも発表されたら、このページで更新します。

※下記で解説している価格は、2022年12月セール時の情報です(2024年にもセール行われた場合、当ページで更新します)

Microsoft 365 Personal飛びぬけて安いのは、裏技を駆使したわけではありません。

項目価格
Microsoft 365 Personal(最新1年版)オンラインコード版10,514円
(期間限定)
Amazon割引コード 更新のお客様限定5%OFF
Amazonビジネス会員登録者限定10%OFF
(両方を併用可能の模様)
▲1,577円
支払価格8,937円
キャッシュバック金額▲2,500円
実質価格6,437円

対象者限定で10%OFFクーポンあり!更新の方用5%OFFクーポンも併用できる!?

価格表示下のプロモーションを確認していただくと、対象者限定ではありますが、Amazonビジネス会員に登録している方が割引となる10%OFFクーポンが表示されていれば、さらに10%OFFされます。
Amazonビジネス会員のアカウントでログインしている必要はないようです(私も、Amazonビジネスへ登録はしていますが、通常の個人アカウントで表示されています)

また、更新のお客様限定5%OFFクーポンも適用可能です。

「クーポンを適用する」を押せば、適用されます。
普通、クーポンは2つ同時に適用できないのではないかとは思っていたのですが、どうやら適用できるみたいです。

もし、お支払い選択画面に「1,577円のプロモーション残高を使用します」と表示されていたら、これはチェックを入れておきましょう。キャンペーン適用の割引額となります。

1,577円は、15%の金額ですので、確かに10%と5%のキャンペーンを両方適用できていますよね。

合計金額8,937円で Microsoft 365 Personal(最新1年版)オンラインコード版 が購入できます!
これはかなりおトク!

【12/7~12/27】不定期に開催される「キャッシュバックキャンペーン」がさらにおトク!

不定期的に「Microsoft 365がお得!今なら最大3,500円キャッシュバックキャンペーン」が開催されています。
今回、Microsoft 365 Personalが2,500円、Microsoft 365 Familyが3,500円のキャッシュバックとなっています。

毎年12月に開催されていることが多いですが、2022年12月にも開催されています。
2022年は3月に引き続き、2回目の開催です。

あわせて読みたい
モバイル・PCソフト&サブスクリプション | Amazon.co.jp マイクロソフト Windows 、Office やアドビ Creative cloud ほか、PCゲーム、セキュリティソフト など幅広いラインナップをランキング やレビューで比較できる。すぐに使え...

2022年12月のキャンペーンでは、12月7日~27日の間にMicrosoft 365 Personalを購入し、2023/1/31までに申込書を郵送すると、もれなく銀行口座に2,500円が振り込まれるというもの。

申込用紙はMicrosoftのキャンペーンページにあるので、これを印刷して必要事項を記入。
購入完了画面か領収書の画面をプリントアウトして、一緒に郵送すればOKです。

郵送、だけが若干手間なんですが、この時期だけの非常にオトクなキャンペーンなので、絶対応募しておきましょう。

2019年・2020年・2021年も、同じキャンペーンが12月に行われていました。
不定期ですが、キャンペーン期間中に購入するのが一番オトクです。

OneDrive 1TBは年間6,480円。実質Officeが1年間無料で利用できる計算に…

Microsoft 365 Personalは、クラウドのOneDriveを1TB利用可能。
ちなみに、OneDriveは、法人向けプランでは1TBを540円/月で利用可能です。つまり年間6,480円。

つまり、6,437円で購入できるMicrosoft 365 Personalは、Officeの機能を1年間0円以下で使える、という計算になりますね……!

フル機能を、スマホ・タブレット含めどこでも利用できてこの価格は、本当にお買い得です。

Microsoft 365 Familyもキャッシュバックの対象だけど…

Microsoft 365 Familyも今回キャッシュバックの対象となっています。
最大3,500円のキャッシュバックです。

ただし、キャッシュバックキャンペーン以外のキャンペーンが行われておらず、キャッシュバック後の実質金額は11,404円となります。
家族2人以上が同時に使う可能性があれば、最大6人のアカウントで使えるMicrosoft 365 Familyを使うといいと思います。
そのようなシーンがないのであれば、Microsoft 365 Personalでも十分使えるかも。

オンラインコード版をOfficeアカウントに登録する方法!更新月の前でも、「1年延長」の扱いになるよ!

オンラインコード版をMicrosoft以外から買うとOfficeアカウントにプロダクトコードを登録しなければなりません。

ただ、かなり簡単なのでやってみましょう!

プロダクトキーをMicrosoftアカウントに登録しよう

Amazonで購入したオンラインコードをMicrosoftアカウントに登録しましょう。
購入したプロダクトキーはAmazonのダウンロードライブラリにあるはずです。

一番上が一番新しいものだと思いますので、そこの「office.comへ」を選択します。


サインインしていなければこのページが表示されているはずですので、サインインしましょう。


プロダクトキーはURLと紐づいているので、入力の必要はありません。
国で「日本」、言語で「日本語」を選択しましょう。


ここで「次へ」を選択すれば、Officeを取得できます。


サブスクリプションの期限が1年延長されていればOKです。
まだPCにOfficeをインストールしていなければ、「Officeのインストール」からインストールしましょう。

今しか買えない、実質6,437円のMicrosoft 365 Personalを今すぐ買おう!

Microsoft 365 PersonalはMicrosoft Officeの機能をフルで使えるだけでなく、1TBのOneDrive(クラウド)ストレージもついてきます。
このMicrosoft 365 Personalを6,437円で使えるというのは、非常にお買い得です。
更新月が11月や12月でなくても大丈夫です。現在の利用期限からさらに1年更新されるだけです。

お買い得な今、Microsoft 365 Personalを購入しておきましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次