当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています

青と黄色の「Vポイント」4/22開始!ANAカード・陸マイラーの注意すべきこと…

  • URLをコピーしました!

こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。

三井住友カードの「Vポイント」とCCCの「Tポイント」は、2024/4/22より「青と黄色の『Vポイント』」に統合されます。

今までVポイントを使っていた方は、有効期限が「最終利用日から1年間」に改善されるなど、使いやすくなる点も多々見られます。

ただし、ANA VISAカード・ANAマスターカードユーザーの方は、「Vポイント」と「ANAマイレージ移行可能ポイント」の取り扱いが変わりますので、ご注意ください。

目次

「青と黄色の『Vポイント』」になって変わること

三井住友カードや、三井住友カードが発行するANA VISA/マスターカードを利用している方にとっては、「Vポイント」はなじみ深いと思います。

「青と黄色の『Vポイント』」になって、従来のVポイントから変わることは以下の通りです。

※この章では、ANAマイレージ可能ポイント以外の内容について解説します。

有効期限は「最終利用日から1年間」に変わる

リニュアル時点(2024/4/22)で持っているVポイント・Tポイントは、「リニュアル日から1年間」に変更となります。

有効期限が1年以上先のポイントをお持ちの方も、「リニュアル日から1年間」に統一されますのでご注意ください。
ただし、ポイント付与・ポイント利用のタイミングで、有効期限は延長されます。
ちょこっとでも使ったり貯めたりしていれば、有効期限は意識しなくても大丈夫になります。

TポイントとVポイントを合算できる

TポイントとVポイントは、連携手続きを取ると合算できます。

連携手続きを取ると、ポイントが合算できます。
逆に、連携手続きしないと、「既存のTポイント・Vポイントの機能の範囲内で利用できる」と案内されています。
Tポイントをお持ちでない方は機能拡充は当面なさそうなので、気になる方はTポイントを今のうちに作って連携したほうがよさそうです。

また、今までわかりにくかったVポイントのポイント機能と決済機能は、「Vポイント」アプリ・「VポイントPay」アプリ(決済)と分かれるようです。
ちょっとわかりやすくなります。

なお、4/22より景品交換は変更されます。

Tカードは引き続き利用可能

物理カードのTカードは、引き続き「青と黄色の『Vポイント』」がたまるカードとして利用できます。

並行して、Vポイントアプリでも「モバイルVカード」でVポイントを貯められることができ、将来的には「モバイルVカード」に移行する、とのことです。(時期未定)

マイラー御用達のポイント交換サイトとの交換終了に注意!

マイラー御用達のポイント交換サイトとのポイント交換が終了します。ご注意ください。

交換方向ポイント・マイレージ移行終了銘柄
ご利用は3/31まで
継続銘柄
Vポイント→他社・カエテネポイント
・デジタルウォレット
・楽天Edy
・楽天ポイント
・auポイントプログラム
・dポイント
・Gポイント
・PeXポイント
・Pontaポイント
・ANAマイレージ(ANAカードをお持ちでない方)
※ANAマイルは終了時期未定
・タリーズカード
・ビックポイント
・ジョーシンポイント
・スターバックスカード
・ベルメゾン・ポイント
・淀橋ゴールドポイント
・JAF継続年会費
・nanacoポイント
・PiTaPaショップdeポイント
・WAONポイント
・Tポイント(4/22統合・連携)
他社→Vポイント・カエテネポイント
・デジタルウォレット
・Gポイント(1/11終了)
・PeXポイント

特に、Gポイントをお使いの方は、GポイントからVポイントへの交換は1/11をもって終了となります。ご注意ください。

ANAカードの「ANAマイレージ移行可能ポイント」は、Vポイントから独立

ANAカードのうち、三井住友カードが発行する「ANA VISAカード」「ANAマスターカード」では、ANAマイレージ移行可能ポイントがVポイントとして今まで積算されていました。

この取り扱いが変わります。

「ANAマイレージ移行可能ポイント」は独立。有効期限は現状から変わらず

ANAカードはANAマイレージへの移行レートが異なりますが、今まではVポイントの一部に移行可能ポイントが表示されていました。
これが、4/22以降は別表示となります。

有効期限は、従来通りで積算から最大4年間となります。
・プラチナ:4年
・ゴールド:3年
・クラシック/銀聯:2年

Vポイントの有効期限(最終変動日から1年間)とは異なりますので、ご注意ください。

「ANAマイレージ移行可能ポイント」をVポイントとして使いたいときは、移行手続きが必要に

ANAマイレージ移行可能ポイントをVポイントとして利用したい場合には、一度Vポイントに交換する手続きが必要となります。

レートの関係で、あまりVポイントに交換したい方はいないとは思うのですが、要注意です。

カード切り替え時のポイント引継ぎに要注意!

ANAカード切り替え時は、切替前の交換レートで引継ぎとなります。ご注意ください。

実は、今までは切替後のレートで移行手続きが可能でした。
私も、ANA VISA SFCゴールド→ANA VISA プレミア SFC プレミアムカードへの切替する際には、この手法で有効期限を延ばしておりました。

MATTU SQUARE
ANA VISAワイドゴールド3年目はANA VISAプラチナへの移行を考えよ!!メリットと得になるポイントを考察!! こんにちは、MATTU(@sunmattu)です。 ANA VISAワイドゴールドカードを作って3年になりました。 スーパーフライヤーズカード(SFC)に移行していますが、還元率で言えば事実上...

2024/4/22以降は、切替前のレートが適用されるため、この手法は使えないことになります。
ご注意ください。

4/22までの「カウントダウン祭」1/9より開催!

2024/4/22より「青と黄色の『Vポイント』」誕生に伴い、1/9よりカウントダウン祭が開催されます。

キャンペーンサイトへそれぞれエントリーすると、
・「モバイルTカード」の提示でキャンペーン期間中Tポイントが2倍で貯まります!
 (新規登録の方は10倍)
・「三井住友カード」のスマートフォンのタッチ決済での支払いで、対象のコンビニ・飲食店でキャンペーン期間中最大10%還元されます。(このキャンペーンの特典は3%)

気になる方は、ぜひ使ってみてくださいね!

プレスリリース・ニュースリリース...
4月22日に「青と黄色の『Vポイント』」が誕生します! カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社のプレスリリース(2024年1月9日 10時00分)4月22日に「青と黄色の『Vポイント』」が誕生します!
プレスリリース・ニュースリリース...
【 4月22日サービス開始「青と黄色の『Vポイント』」誕生記念 】TポイントとVポイントがお得に貯まる4か月... 三井住友カード株式会社のプレスリリース(2024年1月9日 10時00分)【 4月22日サービス開始「青と黄色の『Vポイント』」誕生記念 】TポイントとVポイントがお得に貯まる4か...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次